人として死んでくか. それともAIを取り込んで生き続けてくか~2045年問題で知られるシンギュラリティをどう迎えるか~

この世界で
”本物の豊かさ”を実感しながら
イマを幸せに暮らせたらなー
 
こんな気持ちがあったから,
メガバンを辞めて
(金銭的な豊かさは捨てて),
”本物の豊かさ”を探しに中南米を放浪してきたんよ
 
(ペルーに大事な人ができた関係で,
今はリマで暮らしてます)
 
だって,
これ読んでる人も大半がそうやろうけど,
そんなに”本物の豊かさ”とか
ちゃんとゲットできてる人とか
サンプルになるような人って
あんまおらんやん!特に日本とか!日本とか!笑

f:id:tabibitoyu:20180406094220j:plain

爆笑
ま、そういう文化やから、しょうがないやろうけどさ笑
 
 
今日は
 
アーミッシュ
×
AI
 
との出逢いで,
いかに自分の人生が揺るがされたかについて.
 
 
 
 
まず,アーミッシュやけど,
どんだけの人が知ってる?
 

f:id:tabibitoyu:20180406073556j:plain

 
これ,
俺が思い描いてた
”本物の豊かさ”のイメージ像とぴったりで
すでにこの世界に存在してたっていうね!!
 
もしなかったら
自分で0から暮らしを作り直そうって覚悟で
日本を出てきたんやけど,→わりとまじで笑
そんなめんどくさいことはしなくて済みそうです笑
 
知らない人のためにチョロっと紹介.
詳しく知りたければ,これでも読んでみてー
 

アーミッシュとは

 
 アメリカやカナダに約20万人ほどいると言われていて,
ドイツ系移民を主とした宗教集団の人々のこと.
移民当時の生活様式を守ることを主義とし、
昔ながらの生活をしている
 
例えば,
移動は馬車だったり,
電気をほとんど使わない生活をしてて,
食料は自給自足.
密接したコミュニティを築き,
支え合って生活してる
子育ても,教育も独自のスタイル.
 
ほら,めっちゃええでしょ?笑
 
 
中南米に来るまでは
沖縄拠点(主に石垣島と宮古島)におってんけど,
その時代の俺に会った人は
あー,あれね!って思い出してくれると思うんやけどさ!
 
 
とりま,ちゃっちゃと合流して,
自分のフィーリングに合うかどうか確認してから,
ここに拠点作るかとか諸々考えるかー
ってのは,これまでの俺.笑
 
 
今は,
もう一個
積極的に情報集めてることがあってさ!
 
AI(人工知能)
 
っていう,今じゃ無視できへん外乱要素があるじゃんね?
 
今やと,さすがにみんな知ってるでしょ?笑
 
実は3年ほど前からめちゃ興味あって,
その当時,品川でAIのセミナーとかで話聞いて,
次の日メガバンの先輩に
その話しようとしたら,
 
”AI?何それ?愛についての話なら,
とりあえず合コンセッティングしてよ!笑”
 
みたいな超低次元な返しに
この会社にもこんな人いるんや...
ってドン引きした覚えがあるけど笑
 
 
俺の大好きなレイ カーツワイルさん曰く
 
・人間は脳をコンピュータに接続することで,さらに複雑な感情や特質を発達させることができるようになる.

・シンギュラリティへの到達により,人工知能は完全に人間の手を離れて,人間に対して非常に強い影響力を持つ存在へと急変していく.

※シンギュラリティ(技術的特異点)とは,『人工知能が人間の知能を超える瞬間』のこと
ちなみにカールワイルさんは2045年にそのタイミングがくると予想されてます
 
 
トランセンデンスやら,
ワクワク?ハラハラ?笑
するような世界が目前じゃんね!
 
 
この世界の変化に,
アーミッシュやら
セルバ(中南米のアマゾンのこと)
のインディヘナ(先住民)なんかには
どんな影響が出るのかなーとか
  
果たして,
そんな未来が来る瞬間に
どんな自分で臨みたいかとかとか
色々考えちゃってさ.
 

人として,死んでくか


AIを取り込んで,生き続けてくか

(シャッターアイランドではロボットだったよね?)

 

まだ俺は
この問いに対する結論は出せんなぁ

もう少し考えたいなぁって感じ

 

f:id:tabibitoyu:20180406094140j:plain

 

あなたはもう結論でてる?

広告を非表示にする