日本最南端に泊まって見よー!〜名物おばあがいる民宿〜

急遽2連休をもらえるようになったので,

今回のoffは日本最南端の波照間島に泊まりに行くことに.

 

ちなみに今お手伝いしてるところというと,

石垣島最北端の最高のロケーションで乗馬ができるココ!

石垣島馬広場

www.ishigaki-umahiroba.com

 

実は,1ヶ月ほど前にも日帰りで波照間島行ってきたんやけど,

日本出る前に,やっぱどっかのタイミングで波照間島の満天の星空は見ておきたいなーて思ってたから,せっかくなので今回は泊まりでいくことに♪

 

じぶんのココロの赴くままに旅をしよーとすると,
やっぱ宿は当日の気分で決めることになってまうし,

とりま離島ターミナルいくか!ってなって,
(こんなシーズン中にもかかわらず,波照間島がキャンプ禁止なのも知ってて,前もって宿とっていかんのは,もし万一宿確保できへんくても,ビーチで野宿も捨て難いって気持ちがどこかにあるわけで...笑)

 

もうsimはだいぶ前に投げ捨てて,ネットデトックスをしてた影響もあり,

ターミナルのfree wifiゾーンで,カタカタ.

 

宿候補を2個に絞って,

もし,どっちもダメなら,ビーチかサトウキビ畑の真ん中で,星を見よー!!!

って 気持ちをそっと固めて笑,

 

ーーーーーーーーーーーー
ちなみに今回の宿の候補はこちら.


民宿 たましろ
公式HPはないみたい.ま,調べれば色々出てくるよ!笑

 

ヤドカリ

yadokari.nobody.jp

ーーーーーーーーーーーー
判断基準は
もちろん第一に
・ワクワクできそうなところか?

 

あとは
・ゆんたくがあるか?
・お客さん同士で交流がしやすそうか?

くらいかな?


綺麗さとか,

wifiがあるか,

美味しいご飯が食べれるか?

とかは全く考慮してません!

むしろ該当するのんあったら減点するくらい!笑

 

そういうのは欲してないんで!笑

なんなら突いたり,釣ったりして,じぶんでとれたての美味しい魚getできるし♪

 

早速,船の出発時間までに宿抑えるかー!って思って,コール!

あれ?
電話かけれん!!!!!
050アプリこんな時に限って使えんのですかーーーー!!!!


やっぱこれは野宿にしなさい!っていう 神様からのお告げなんかなー←内心,ワクワク!笑

 

ま,こうなったらとりま波照間に向かっちゃお♪ 

ってことで,

.
.
船に揺られ,
爆睡すること1h
.

.

おお!波照間島!!!

おおお!!!
宿の送迎の車がいっぱいきとる!!! これはチャンス!!

って思って,タマシロかヤドカリの看板持った人おらんかなーって思って探すこと3秒...

 

え…
両方ない…

 

やっぱこれは野宿にしなさい!っていう 神様からのお告げなんkan…(本日part2 笑)

 

とか思い始めた頃に,
ムムム!
なんかターミナルが呼んでる気が!

.

.

.

.

おおおお!!!
久しく見てなかった緑の公衆電話がポツーン.

見た目だいぶ年季が入っとって,これ使えるのか?!状態やし,

つか,そもそも俺はこいつの使い方を覚えているのか??!笑
とか,諸々考えながらも,

とりまタマシロにコール. 

 

”おかけになった番号は...”

 

ん?????ガチャ!

もう一回!

 

プ,プ,プ

 

”おかけになった番号は...”

 

ノーん!!これはタマシロのやばさが電話にも滲み出てきとるやんけ!笑

それか,やっぱ年季の入った公衆電話は今の世の中に馴染みきれず,使い物にならんくなっとるんか??!笑

とか思いながら,

 

ヤドカリさんにもコール.

 

”もしもし,ヤドカリでーす” 

 

可愛げのあるおばあの声が受話器越しに聞こえてきて,

 

”今日はお客さん少なくて寂しかったのよー,いいよ!おいでおいで♪”

って.


あ,おもろそーな匂いプンプンしてきたーっ♪

 

これ,名物おばあ♪

f:id:tabibitoyu:20170720094030j:image

 

ヤドカリにCheck inしてすぐ,

 

”あんた車は運転できるかえ?”

 

”ん?できますよ.なんなら宮古島でトラックで農道爆走してましたよ!”

 

”ほな,うちの車自由に使ってええからお客さん送迎に行ってきてくれん??”

 

”ん????何と間違えてる????笑”

とか内心思いながらも,

 

ま,なんかおもろそうな匂いプンプンやし行って見るか!

←もうご存知の通り,旅人yuの行動の判断基準はおもろいかどうかです!笑

 

 ってことで、

こんな感じでお出迎えしたり、

f:id:tabibitoyu:20170720094115j:image

 

船を追いかけて,防波堤の上を爆走して、お見送りしたり,

(そのままの勢いで飛び込みたい気分だったんやけど,前例があって厳重に注意されとった上に,この後ろではパトカーがちゃんと控えてます笑)

 f:id:tabibitoyu:20170720094129j:image

 

 f:id:tabibitoyu:20170720094210j:image

 

f:id:tabibitoyu:20170720094403j:image

.

.

.

.

あれ????

俺ってば,今回は旅人として波照間島に来たよーな気が...

ま,多分気のせいですね!笑

 

 

にしても,船着場で迎えるお客さん達の反応がおもろい!!笑
実際,脱サラした後,

奄美大島のさらに離島の加計呂麻島ってとこで,

kamudy.com

 

ゲストハウスのスタッフやってたこともあって,

 

送迎の道中もお客さんとの会話を楽しみながら,

島の名所とかレンタカーとか諸々の情報を教えてあげながら(まだ波照間島来たの今回で2回目だからね!笑),

 

宿に着く直前に,


”実は僕ここのスタッフじゃないんですよー”


”ん?????え????そーなの!?????”
”いや,この肌の色といい風貌といい,完全にスタッフでしょ!!!”←今思ったら,これちょい悪口やない??笑

”じゃーお兄さんだれー??爆笑”

 

”いやー,実はこれこれしかでースタッフ兼お客さんやってます♪"

って感じでね!笑

 

 

しかも,シュノーケルのインストラクターもやってたこともおばあにバレてまうと,

 

"この子達シュノーケルあんまりやったことないみたいやし,ニシ浜でインストラクターしたげ!"


とか
"次のお客さん4名やから,ベッドメイキングしようさね!"


とかとか気づいたら,

やっぱしっかりとスタッフやってましたとさ^_^笑

 

f:id:tabibitoyu:20170720094433j:image

 

エピソード3に続く!